年少次男くん この問題ができないか〜(>_<)

 8月です。 小1と年少の2人の息子たちは、外へ出ると口々に「アブラ蝉がいたー!」とか「青筋アゲハがいたー!」などと興奮し、採りたいなーなどという割には、いざ蝉がこちらへ向かって飛んでくると悲鳴を上げて逃げ回っております(笑)

種から育ててきた朝顔はようやく花が咲くようになったのに、2人とも既に興味を失い、水やりは私ですし、お友達からもらったカブトムシの世話も私です。カブトムシは、先日卵を産んでいました!大切な命ですので、大事につないでいければと思っております。

虫や動植物に子供が触れ合うことは、季節や生態などの常識を身をもって知るきっかけになります。机上の勉強ではなく、こうして実物を目で見て、触って、体感して知識をつけていって欲しいと思います。

さて、本日は、年少次男のトレーニングとして、以下のものを行いました。

・モコモコゼミ(15枚)
・体操(時間があまりなかったので、片足バランスや定点ジャンプなどを簡単に)
・絵画(カブトムシの産卵について描こうよ!と誘いましたが「明日の朝にするー」とスルーされました・・)
・製作(課題はフリーで、ダンゴムシとその卵(!?)

 ところで、モコモコゼミに、こんな問題がありました。
電車に乗っている4種類の動物たち。前から、くま、ライオン、ぶた、ひつじの順に描かれており、問題はいたってシンプル。

「いちばん前に乗っている動物は何ですか?」 

mocomoco.jpg

次男「・・・これ!(といって、ライオンを指す)」
わたし「・・・」
次男「・・・これぇ?(といって、ひつじを指す)」
わたし「(あ、これ、問題の意味わかってないな・・・と判断し)いちばん前って、”先頭”のことなんだよ!」
次男「あ、そうか!(といって、正解のくまを指す)」

10分ほど空けて、同じ問題をやってみるのですが、

次男「・・・らいおん!」
わたし「・・・」
次男「・・・めーめーさん!」
わたし「(あ、これ、問題の意味わかってないな・・・と判断し)いちばん前って、”先頭”のことなんだよ!」
次男「あ、わかった!(といって、正解のくまを指す)」

(・・・あれ、デジャブ?)

なるほど、電車における「いちばん前」という概念と言葉が理解できないようです。
そういえば次男は、電車遊びはあまりしませんでした。お兄ちゃんが既に電車やプラレールから卒業してしまっていたので、男の子の多くが通るであろう電車への興味はすっ飛ばしていました。それに加えて、マズイなと思ったのは、

うちは、子供を電車に乗せていない。。

子供が2人になってから、どうしてもお出かけは、ほとんど車なんです。
電車に乗って、運転手さんが前、車掌さんが後ろ、なんていう「常識」には触れたことがありませんから、知らないままなんだと、痛感しました。
次男には、いちおういろいろなことを自分でさせて、実体験で覚えさせようと仕向けてきたつもりですが、電車に乗るという超基本的なことが抜けていました。


そういえば、小学校受験のペーパーでも、こんな問題がありました。ふだんの体験、経験が必要な問題です。
東洋英和女学院で出た実際の問題です。

2色の四角が書いてあります。この2つの色を混ぜ合わせるとどんな色になるでしょう。その色と同じ色のくだものを選んでください。
mondai3.jpg
うちの年少次男は、ふだん絵の具遊びが好きで、色を混ぜることをしているので、試しにこの問題をやらせてみたら、できました!
(正解:上の段=桃、下の段=ぶどう)

また、こんな問題も思い出しました。これは、私、好きな問題です。
さまざまなひもが描いてあります。このなかで、結べるものに◯をつけてください。(これも東洋英和女学院)
mondai2.jpg


「えっ?結べるものって??」と、一瞬戸惑いませんか。
さんざん、数や図形の問題、系列、回転など難しい問題をやってきていて、こういう問題に出会うとをハッとさせられます。
(答え:一番右上、一番左下)

小学校受験は、暗記力を問うわけでも、先取り学習をさせるものでもないはずで、親がどういう体験を子供にさせているか子供が年相応の経験をしているか?を知りたいのでしょう。ちなみに、制作が大好きな次男くん、この問題もできました!

さらに、これも絵の具の問題。
4つのコップに水が入っていて、それぞれ量が違います。
同じ量の絵具を溶かすと、どの水が一番濃くなりますか?
mondai1.jpg

聖心女子学院の問題です。ペーパー問題としては、なかなか珍しい問題。幼児は理詰めでは考えることはできないでしょうから、感覚的にわかっている子ができる問題です(答え:一番右)。類似問題では、水に砂糖を入れて一番甘いのはどれですか?なんてのもありますね。

以前、ペーパー対策の記事でも触れましたが、女子校のペーパー、例えば、東洋英和や聖心の問題は、どれも良問だと思いました。私も長男の時のペーパー対策として、ちょうど今頃、夏に、もうやる問題がなくなってきますので、これらの過去問をやっていました。難易度が適切で、いろいろな分野から出題されているのが良いです。聖心の問題は少し癖がありますが、普通の問題がマンネリ化してきたときにやって損はないと思います。

さて、コロナで今年はペーパー重視と言われています。
でも単純に、訓練や暗記に頼った問題ばかりでなく、こうした常識や体験を問う問題も要チェックかと思います。

年少次男の話からだいぶそれましたが(^^;、夏休み、講習だけでなくいろいろな体験をさせたいものです。


子育て・お受験情報ブログランキングに参加しています。
    ↓         ↓       ↓
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ
※このブログの内容は個人の感想です。情報の誤りや、私の誤認識に基づく意見もあるかも知れません。
何事も、最終的には皆様自身でご判断頂きたくお願いします。

この記事へのコメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
プライバシーポリシー