小学校受験 幼稚舎の日程変更で。

今年の試験日程が続々と決まってきました。
先日の記事のなかで、コロナのため、試験日程が分散することは予想しましたが、
「日程変更は、可能性はあるとは思いますが、高くはないでしょう。」なんて、書いてしまいましたが、外れました。。

幼稚舎の日程が変わりました。

学校の試験日は、志願者数や受験者数に大きく影響する要素のため、本来は、学校側はそう簡単には変えたくないもののはず、だと思ったのですが、さすが幼稚舎ともなると、他校との競合のことなどあまり気にしていないのでしょうか。
いや、東京の感染者数がここへきてピーク時並みに戻ってしまう状況ですから、あくまで、安全最優先で、ということなのでしょう。

いずれにしても、今年は本当に異常事態です。

幼稚舎の本試験日程は、例年の7日間から10日間に長期化して、2020年11月1日〜10日に。
これと調整するために、横浜初等部一次試験は、11月11日へ移動。2次試験もずれて、11月21日〜24日になりました。
横浜初等部の2次試験の日数は変わっていません。蜜を防ぐため、2次試験の対象者を減らすということもことも考えられ、それは1次ペーパーの合格ラインが上がることを意味します。いずれにしてもコロナ下の試験は、ペーパー重視と予想しておいた方がよさそうです。

幼稚舎の本試験は、ここ数年、女子が先、男子が後(低月齢順)です。
今年も同じだとすると、女子の受験者数は増えますね。11月初は女子校の集中日ですので、例年、幼稚舎を欠席する女の子は多いのですが、今年は受けられる人が多くなります。
男子は、早稲田実業の2次と重なってきます。早稲田で2次まで進んだら、、とっても悩ましいことになります。

だいたい10月から始まって12月まで続く本試験期間。ただでさえ11月も後半になると気力・体力の限界を感じます(特に気力)。
今年の受験は、こんなに長丁場になるなんて、本当に大変です。いまから長期戦を覚悟してのぞみましょう。




2021年度本試験日程
 日程
 昨年の考査順
慶應義塾幼稚舎11月1日(日)~ 10日(火)女子→男子 低月齢順
慶應義塾横浜初等部[1次試験] 11月11日(水)
[2次試験] 11月21日(土)~24日(火)
[2次試験]男子→女子 低月齢順
早稲田実業初等部
[1次試験] 11月1日(日)~5日(木)
[2次試験] 11月8日(日)~10日(火)
男子→女子 高月齢順
考査順はあくまで昨年の例ですので、今年はどうなるかわかりません。


※このブログの内容は個人の感想です。情報の誤りや、私の誤認識に基づく意見もあるかも知れません。何事も、最終的には皆様自身でご判断頂きたくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ

この記事へのコメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
プライバシーポリシー