子育てブログなハズでした…先月の振り返り。

このブログを書き始めてから、やく2ヶ月。「会計士ママの子育てブログ」ということで、小1&年少、二人の男の子の子育て生活を気ままに綴るつもりで始めたブログですが、すっかりお受験ブログになってしまっています。もちろん、そのほうがアクセス数があ・・・という下心も無くは無いのですが、どちらかと言えば、やはりこの時期、昨年の自分のお受験活動のことが鮮明に思い出されて、つい書き留めたくなってしまうというのが理由です。そして、このコロナ禍。ただでさえ不安で、考えること、やることがいっぱいのお受験なのに、さらに大きな不確実要素が加わってしまった今年、受験予定の方々の大変さを想像し、何か自分の経験をお伝えできれば、という思いがあります。
いちおう、今後は、長男の学校も登校日が増えてきますので、小学校生活に関することとか、家族でのお出かけもできるようになったら、お出かけの様子とか、「子育てブログ」という名の通りの内容にしていきたいとは思っています。
とは言え、次男はすでにお受験活動を再開しましたので、次男の成長も記録していくことにななりますが。

さて、6月は、20本ほどの記事を書きまして、週休2日ペースが定着してきた感がありますが、何を書いたか自分でも忘れてますので、ちょっと振り返りと補足です。


次男のお受験活動開始!

次男は、幼児教室が再開し、また私のお受験活動第2弾が始まりました。はじめてのときとは違って、私の心の余裕度合いがだいぶ違います。
長男の時は、毎回のお教室のたびにドキドキして、子供の動きに一気一憂し、周りのお子様との差に愕然としたものですが、今回は、今できなくもいいと、できたことに純粋に目がいくようになりました。いまのところ、お教室にはとても楽しそうに参加してくれていて、家での練習やお勉強も嫌がらずにやってくれます。これは、おそらく、お兄ちゃんをうちで見ていたからですね。次男ならではの「自分もやるー」という思いがあるようで、お兄ちゃんには感謝です。「ママ、おべんきょうしたい!」 なんて自分から言ってくれるので、このまま、お勉強にネガティブイメージを植え付けないようにしなくちゃ、と身が引き締まります。



ママ友談義 女子校のこと

ブログ記事の新しい試みは、一緒にお受験を経験したママ友たちとの会話を、ほぼリアルな雑談のまま載せただけというもの。
私が、女子校事情はわからないので、有名女子校のお子様のママ友から得た話を主にお伝えしようという趣旨でした。この記事の後が続いていないのですが、実は、もっともっとママ友とは話をしているものの、いかんせん、リアルすぎて書けないことだらけなんです!ちょっとどうしたら書けるのか、思案中です。



終息しないコロナ

もうコロナが前提の世の中になってしまうんでしょうか。せっかくの小学1年生なのに、全然学校にいけない長男は、家庭学習と塾で勉強を進めています。昨日、ひとりで解いていた問題に行き詰って、やる気を失った時、おそらく無意識に書いていた落書きの文字が、コレ。
だいぶ、子供にも浸透してますねえ?

IMG_1567.jpg

今年の各校はコロナ対応で、学校説明会から、ついに本試験のやり方まで影響が出てきてしまいました。
幼稚舎は説明会中止、青山、学習院、立教、早稲田はオンライン説明会のみ。暁星に至っては、本試験の体操がなくなり、親の課題作文が追加されるという予想だにしない展開です。先日書いた記事は、コロナの影響で今年のお受験がどうなるか? 若干こじ付け的な無理目な理論展開も承知の内容でしたが、実際には、まだこの程度の影響で収まれば良い方。第2波があったりしたら、試験内容の大幅変更やなど前例のない動きがあるかもしれません。



願書は早いに越したことはない

はやくやらなきゃと分かっていながら、なかなか進まないのが願書。
皆様のお尻を叩くつもりでは無いのですが、私がもっと早く始めて、もっとじっくり考えて書きたかったと後悔しているので、この時期に願書の記事を書きました。
志望理由を考える時、こうして良かったなということ、いざ書こうとしたときに、私が迷った、悩んだこと。例えば、家族欄ってどこまでかくのかとか、固定電話無いんだけど電話番号どうしよーとか。今思えば、些細なことでも当時は真剣に悩んだりしました。



慶應義塾横浜初等部

昨年の学校説明会の振り返りシリーズは、横浜初等部。
ことしは、オンラインでの説明会にすると既に発表されています。
昨年、この説明会の後、9月に、横浜初等部の近藤先生が校長を退任され、湘南藤沢中高の校長先生が兼務されることが突然発表されました。何しろ近藤先生は、幼稚舎を結構イジっていましたので、もしかして退任理由は・・・と、詮索していますが、そこは触れないでおきましょう。。
また、同じ時、幼稚舎の舎長、武田先生も、例の事件で退任。慶應は昨年は2校とも試験直前に校長が変わるという異例の年でした。願書に「◯◯校長先生の教育理念に感銘し・・・」なんて書いてしまうと、円満交代ならいいのですが、そうでなさそうな場合は、書き換えた方がいいのかしら、、などと、願書提出間際にいらぬ悩みが増えますので、校長先生の名前を志望理由に出すのは避けた方がいいのかとちょっと思ったりします。




最後に、ブログをお読みいただいた皆様へ。
まだ始めたばかりの拙い内容であるにもかかわず、コンスタントに見にきていただいていて、本当にありがとうございます。
私自身、とても周りの目を気にする性格なので、気にし始めると書けなくなってしまう恐れもあり、今後は、あまり肩に力を入れず、当初の思いどおりの気ままなブロクで続けて行きたいとおもいます。今後ともよろしくお願いいたします。


ツイッターはじめました。 ブログ更新情報と、その他ブログでは触れないこともお伝えします。

※このブログの内容は個人の感想です。情報の誤りや、私の誤認識に基づく意見もあるかも知れません。何事も、最終的には皆様自身でご判断頂きたくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ

この記事へのコメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
プライバシーポリシー