年少次男のお教室 子は絶好調、親反省。

今月から、年少の次男は幼児教室に通っています。

関連記事「年少次男くん 幼児教室デビュー」


今週もお教室がありました。

先生へのご挨拶は、相変わらずです。。


先生「お名前をおしえてください」

次男「ピカチュウです!」

先生「◯◯(苗字)くんでしょ」

次男「ピカチュウ◯◯(苗字)です!」


・・・ナニその名前。。コージー冨田とかじゃないんだからさ。(世代がバレる)

まあ、このあたりは今目くじら立てることではない。ほほえみ、微笑み。


お勉強の時間は、「おはじき」で数の問題です。

うさぎさんが「お皿」を持った絵が描いてあり、そのお皿へ指示された数の「おはじき」を、別の「トレー」から取り出して置く、という課題です。

とっても簡単にできそうなものですが、実は色々なチェックポイントが潜んでいるらしいです。


  • 発問を聞くとき、背筋を伸ばして、視線は先生の方を見ているか。
  • 「どうぞ」と言われるまで動かないか。言われたら、すぐに動くか。
  • 指示された個数おおはじきを、迷わずに置けるか。
  • お皿に置く様子が素早く、かつ丁寧であるか。
  • おいたら膝に手を置いて、大人しく待っているか。 

言われた通りの数が正しく置けるか、という数の理解の確認であるのはもちろんのこと、おはじきを置く前、置いた後の動作も重要なんですね。行動観察の要素も多く含まれているわけです。

今日参加されている10名の子のうち、正確に指示通りにおはじきを置ける子は半分。

さらに、姿勢や視線もよく、動作も素早い子は、2〜3人といったところ。

わが次男くん、いちおうその1人でした。ヨシヨシ。


ところで、ペーパーの問題で数を数えることは全く問題のない子たちも、この「おはじき」を数えて置くとなると戸惑う子が多く見られました。

どうも、ペーパーには慣れているけど、モノを扱うことに慣れていない様子。数の概念が、モノと結びついていないようです。

これはみなさんペーパー問題を先に訓練されているからかな?と感じました。

この年代は、本当は、いろいろな知識は具体物で体験して理解することが先のはず。

おはじきの5個と、積木の5個はおなじ”数”であること、いろいろな形や大きさの積み木が混ざっていても、やはり同じ数であること。

そういうことは、遊び中で、何気なく会話して理解させるというのが良いと思います。積み木を作りながら、パズルをしながら、親が「5個ちょうだい」と仕向けるだけでもいいんですよね。


お受験を意識しすぎてしまうと、ペーパー、体操、行動観察・・・という試験科目に近いことをさせてしまいがちですが、特に今は年少、本来の知識は実体験のなかで理解させるもの、ペーパーは”確認”、程度に考えましょう。

まして、そのペーパー問題ができなかったからといって、できるまで、覚えるまでやらせる、なんていうのは厳禁です。


さて、次男くん。今日はとっても、しっかりできました。 


姿勢ヨシ、視線ヨシ。

どうぞといわれてから動く、マル。 

おはじきの入ったトレーを不用意にいじっていない。

正しく4つのおはじき迷わずおけた。

お膝に手を置いて待ってる(めずらしく!)


ほほう、今日は調子がよい。これまでの成果が現れたかな?とちょっとうれしく感じていたそのとき、

先生「では、おはじきをトレーに戻しましょう」 

 お片付けの指示にすぐに反応したもの、我が次男くん。ところが、、


バシッ!、バシッ!、パラパラ〜ッ!!


トレーにおはじきをバシバシと次々に投げ入れる次男。一部のおはじきはトレーから飛び出す始末。

先生「 ◯◯くん、て・い・ね・い・にーー!」

さすがに注意されました・・・一番残念なパターンです・・・ここは、家庭での躾の部分ですから。

小学校受験、一寸先は闇、最後まで尽きることのない課題、、一喜一憂してはいけないのが鉄則でした。



ツイッターはじめました。
ブログ更新情報と、その他ブログでは触れないこともお伝えします。

※このブログの内容は個人の感想です。情報の誤りや、私の誤認識に基づく意見もあるかも知れません。何事も、最終的には皆様自身でご判断頂きたくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ

この記事へのコメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
プライバシーポリシー