学校に行けない私立小1年生、塾へ行く。

我が家の長男くん、この4月から晴れて小学一年生になったわけですが、未だ一度も登校したことがありません。

今月から少しだけ登校日が設定されて、やっと通学の予定です。
冬服には袖を通すことなく、夏服での登校となりそうです。ちょっと味気ないですね。

本来なら4月からの授業で、お勉強も進んでいるハズだったのですが、全く始まっていません。そんな中、長男くんのお勉強はどうしているかというと、、
学校よりも塾の方が早く再開してしまいました。

私立小学校なのに塾に行くのかと?

はい。実は、お受験が一段落した年長の昨年冬、せっかくついた学習の習慣を途絶えさせたくなかったので、小学生向けの問題集をぼちぼちやらせてみたり、いくつか学習塾の春期講習や体験入学、入塾テストを受けてみたりしておりました。

家で一人で、または私と1対1でのお勉強というのも、そうは続かない気がしていて、他のお友達と一緒に勉強する場があるのも良いかと思い、その流れで塾を検討し始めました。

SAPIX(サピックス)の入室テストは算数と国語でした。いちおう満点で1位でしたね。もし中学受験をするならば、これから6年にわたる受験競争のスタートは、なかなか良い位置どりということでしょうか。(まあ、どんぐりの背比べなのはわかっていますが。)

しかし、長男くんは、中学受験は致しません。そのための小学校お受験の選択でしたから。

1年生から中学受験のために塾へ通って、この年齢で早くも偏差値で評価されるというのは、なんだか可哀想な気がしてしまいますが、そんな時代なんですね。中学受験の雄サピックスといえども、小学校1年生〜3年生まではさすがに受験対策という感じでは無くて、基礎的な学力をしっかり身につけて学習を習慣化することが目標のようです。でもクラス分けのテストはしっかりあります。

結局、我が子は、中学受験の大手塾ではなく、算数に特化した小規模な塾に週1回だけ通うことにしました。
学校からは、あまり塾には通わないで欲しいと言われいるので、隠れ通塾です・・・

小学生になったら、勉強の面白さを知って、考えることを楽しんで、論理的に思考することを身につけてほしいと思っているのですが、この算数塾のコンセプトがそうでした。あくまで受験のための塾ではありません。
吟味した結果、選んだところなので、親としてはいよいよ始まってうれしいのですが、問題は、どうしても学校の授業の先を行ってしまうということ。
いざ学校が始まったら学校の授業に新鮮味を感じなくなってしまうのではないか、真面目に授業を受けなくなってしまうのではないか、という恐れが生じてきてしまいました。。
早く、学校のほうも再開してほしいと願う今日この頃です。


※このブログの内容は個人の感想です。情報の誤りや、私の誤認識に基づく意見もあるかも知れません。何事も、最終的には皆様自身でご判断頂きたくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ

この記事へのコメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
プライバシーポリシー